清水宏保.2jpg



タロット(フルデッキ)+ルノルマン+ジプシー 


清水理事の心情面を、引いたカードから分析してみました。

タロットカードにつきましては、解説書にある「正・逆」のヒントは採用せず、管理人なりの解釈で読み解いてみました。

 
DSC01193

 

潜在的な性格       【棒 5】   【紳士・犬】   【gift

自分をどう思っているか  【棒 騎士】  【魚・太陽】   【baby

知識・考え方(知性)   【悪魔 逆】  【子供・コウノトリ】【visit

愛情の方向性(愛情)   【杯6 逆】  【淑女・鎌】   【sadness

異性に対する反応     【杯従者 逆】 【棺・ヘビ】   【marriage

他人からどう見られたいか 【力 逆】   【クロス・指輪】  fidelity

継続・執着心(継続)   【金貨9 逆】 【道・塔】    【jealousy

発想・機転(独創)    【杯9 逆】  【クローバー・ユリ】【widower

直観力・洞察力(神性)  【棒7 逆】  【庭園・熊】   【thought

行動するための理由・原理 【節制 逆】  【ネズミ・花束】  message

最終判断         【剣 王】   【雲・手紙】   【some money

      

 

●潜在的な性格       

【棒 5】のキーワードは「勝ち取る」 意味は「勝負の意味について問いかける」。

【紳士・犬】は、友達・仲間・親しみやすい友人…。   

gift

○強い闘志と勝負への拘りを持ちつつ、ライバル達と友情を育みながら切磋琢磨、協力し合って一つのゴールを目指して向上して行きます。   

ルノルマンは、良い関係の仲間同士としましょうか。

ジプシーは、…互いを思いやる心…かなぁ。

(相変わらず、読み解き甘甘な管理人です)

 

 

●自分をどう思っているか  

【棒 騎士】のキーワードは「出発」 意味は「新たな挑戦の意欲が湧き上がる」。  

【魚・太陽】は、経済的な成功・ビジネスの成功…。   

baby

○成功に向けてチャレンジ精神が旺盛です。  何事にも興味津々、制御不能なほどの情熱と、「やってやるぞ」という、衝動的とも言えるほどの意欲に溢れています。 やる気満々。 正し飽きっぽいところもあるようです。

ジプシーは、純真無垢な気持ち、いつも新しい気持ちで…。 

 

 

●知識・考え方(知性)   

【悪魔】のキーワードは「呪縛」 意味は「心に巣食う悪魔が果てしない欲望に誘う」。  

【子供・コウノトリ】は、転校・クラス替え・新しい変化…。

visit

○自分の中にある「負」の部分を認識していて、常にそれと向き合っている人のように見えます。 現状から脱しようと試みたり、自分を抑えようとしたり、コンプレックスを克服しようとしたり。  

自分に厳しく、尚且つ自分自身と戦っている人のようです。 

ルノルマンは「今の自分を変えたい、良くしたい」との想いでしょうか。

ジプシーは、その為の教えを請う姿勢…。

 

小柄ながら、スピードスケート選手としてオリンピック金メダルに輝いた人ですから、

その努力は生半可なものではなかったと思われます。

幼い頃から、喘息とアトピー性皮膚炎に悩まされていたそうですが、ご両親の方針で、薬で治すのではなく病気に打ち克つ体力を養うためにとスケートを始めたそうです。

 

 

●愛情の方向性(愛情)   

【杯6】のキーワードは「心の浄化」 意味は「過去の美しい思い出を振り返る」。  

【淑女・鎌】は、冷たい・薄情・合理的…。

sadness

○幼い頃の楽しかった思い出に懐かしさを感じ、その記憶を大切にする人のようです【杯6】。 故に、人との繋がりが希薄であることは【淑女・鎌】、とても悲しいことなのです【sadness】。  

愛情の方向性としては、とても純粋で温かい方。

引退後のアスリートの皆さんのセカンドキャリアの確立に勤めたり、老人介護のための施設を開設されたりと活動の場を広げておられます。

☆病気に打ち克つ身体を作るため3歳から始めたスピードスケート。 コーチはお父様だったそうです。 「清水っ!」と呼ばれ、それはそれは厳しい練習だったとか。 それには理由があり、お父様は余命宣告を受けておられたそうです。 お父様亡き後、お金の掛かるスケートは辞めようかと悩んだようですが、お母様は「続けて欲しい」と引き止め、土木現場で働きながら清水選手を大学に通わせ、お兄様や二人のお姉様も仕送りを続けられたそうです。  ご家族の後押しがあって競技を続け金メダリストとなったのですから、ご家族に対する感謝と愛情は深いものなのでしょう。  

それだけに、ご家族への想いは人一倍強く、常に心にあり心理的に離れられないと言いますか。 そんな風な部分もあるのかしら。  それは、決していけないことではありませんが

 

 

●異性に対する反応     

【杯従者】のキーワードは「受容」 意味は「穏やかに受け入れ自分の力に変える」。 

【棺・ヘビ】は、悪運・災難・不運・損失   

marriage

○異性に対しては、少年のような純粋で無垢な気持ちで接するようです。

計算がない分、感情の赴くままに突っ走ってしまい、その結果、関係が上手く行かなかったりするのかも知れません。

誘惑に弱くずるずると流されてしまうようです。 スキャンダルに巻き込まれることがあるかも知れません。

ジプシーは、好きな人が出来ると迷わず「結婚」を考えるのかしら?

 

 

●他人からどう見られたいか

【力】のキーワードは「本質的な力」 意味は「愛と辛抱強さによって相手を動かす」。   

【クロス・指輪】 は、束縛・自責の念・痛みを伴う関係・新しいコミットメント…。

fidelity】は、忠誠。

○人を裏切らず【fidelity】、いつも相手の立場に立ち【クロス・指輪】、力任せではなく、心を通わせ助け合いながら目標に向って行く【力】。

これは、他人からどう見られたいか?というよりも、ご自身の生き方として掲げられていることだと考えます。 

「自分をどう思うか」にある、「制御不能なほど旺盛なチャレンジ精神」の持ち主であるが故に、チャレンジしようとする事柄が多く、結果手に負えなくなり、途中で意欲を失い断念せざるを得なくなったり、精神力の弱さを問われたりすることがあるのかも知れません。 

そういうところは他人に見せたくないと考えていそうです。


DSC01199
 

 

●継続・執着心(継続)   

【金貨9】のキーワードは「達成」 意味は「高い地位に昇格する」。 

【道・塔】法律上の意思決定・一人で行くことを決定・孤独な決定…。    

jealousy

○これまでの努力によりある一定の結果に辿り着いたと言えるようです【金貨9】。

まだ目指す到達点には達していませんが、まだまだ孤独な努力は続きそうです【道・塔】。

ただし、その過程において、自分を良く見せようと考え、見栄を張ったり意識過剰な態度を取ったりして、周囲から孤立するかも知れません。 それは要注意事項のようです。

ジプシーは、その脚を引っ張ろうとする存在…かな。

(継続)はあると見て良いと考えます。

 

 

●発想・機転(独創)    

【杯9】のキーワードは「願望」 意味は「栄光を得て一息つく」。

【クローバー・ユリ】は、ビジネスの成功・幸運な引退…。

widower

○栄光を手にしたとして、その喜びに浸り、暫しその状況に停滞することがあるのかも知れません。   これを(独創)の観点から見ると、どうでしょうね。 

上記の、「自分をどう思っているか」の問と矛盾が感じられますが、「自分をどう思うのか」、これは、あくまでも本人の見解ですので。

ジプシーは、男やもめをどう解釈するかですが…。  例えば「一人気楽な生活」とか?

 

 

★鏡リュウジ氏解説によりますと。

小アルカナの「9」は、「成熟へと向う最中の数」とされており、「ギリギリまで円熟した完成に向う体制を示したものだとされている」となっており、(継続)(独創)共に、

カードの意味合いとしては「発展途上」と見ていいのかしら。  ただ、そのような資質が備わっているかの問とは別のものだとは思いますが…。

 

 

●直観力・洞察力(神性)  

【棒7】のキーワードは「奮闘」 意味は「主導権を握ったまま勝負に挑む」。    

【庭園・熊】は、宝くじ・最高経営責任者…。   

thought

○敵対する者が多くとも、有利に戦いの主導権を握れそうです。

ただし、磐石の体制とは言えず、常に周囲に対し覚悟を持って臨むことが大切と言えます。 また、精神的な迷いが生じることもあるようです。

ルノルマンをどう読むかですが、相対する存在。 敵とまでは言えないけれど、前に立ちはだかる、大きな何かでしょうか。

ジプシーは、確固たる自身の考え方とします。

仮に、孤独な戦いの中で精神的な迷いが生じることがあったとき。

不利な状況に陥ったとしても、勝利するための戦い方や気持ちの持ち方などの方法は自分の中で確立できている。として(神性)は備わっていると見ます。

 

 

●行動するための理由・原理 

【節制】のキーワードは「反応」 意味は「異なるものを混ぜ合わせ、生まれる有意義な何か」。  

【ネズミ・花束】は、見越し・幸福が短い…。

☆見越しとは、

  1. 隔てている物の上を越して見ること。

  2. 将来を見通すこと。予測。

message

○【節制】は人間関係の重要さを説くカードです。  心と身体、感情と理性、これらがどちらかに偏ることなく、物事をスムーズに進めることが出来ることを表します。 

ルノルマンを「見越し」と読んだとき。

将来への展望について【ネズミ・花束】、そこに介在する色々な意見や想いを受け止め上手く租借し目標に向おうとする姿勢は持ち合わせているようです【節制】。 

そのためにも、一人よがりではなく、あくまでも周囲の人々と協調しあうことが大切なようです。

「潜在的な性格」「自分をどう思うか」の問に繋がるかと考えます。

 

 

●最終判断         

【剣 王】のキーワードは「厳格さ」 意味は「冷静な判断で答えを出す」。   

【雲・手紙】は、知人からの情報が入らない・悪いニュース・混乱情報・キャンセル。   

some money

○一時の感情に流されることなく、的確な判断を下し、自分の正しさを確信しており

カリスマ性も持ち合わせています。

自分にも厳しいが他人にも厳しくなりがちな側面があります。 

持ち前の知性と決断力を武器に皆を率いて目的に向います【剣 王】。

ルノルマンとジプシーは、目的達成のための情報等は、相手に悟られぬよう明確にはしません。

☆【some money】は、「何がしかのお金」。 

「何がし」の意味は、人または物事・場所等の名および数量がはっきりしないか、または、わざとぼんやりという時に用いる語。

今回の読み方としては、「あえて明確にせず、ぼんやりと物事を捉える。 または、表す」とします。

 
DSC01194

 

今回、清水宏保氏の心情を少し覗いてみたいと思いまして「惑星」で占いました。 

が、タロットに関しましては「潜在的な性格」「自分をどう思っているか」「最終予想」以外が全て「逆位置」でした。 「逆位置」の全てが良くない意味合いとは言えませんが、率直な気持ちとしましては、余りの逆位置の多さに「何なの?これ」。

それで、白状しますと「逆位置」の解釈からだけではスムーズに読み解きが進まず、苦肉の策として、そのカードのキーワードをベースにして読み解くことに致しました。  なので、とても抽象的な表現になってしまって、分かりにくい読み解きになってしまいました。

管理人の力量不足の結果ですm(_ _)m

 

 

清水氏は、チャレンジ精神に満ち溢れ、人の輪を大切にし、苦難に対しては、時として迷いや弱さが出てしまう時があっても、冷静に知恵を働かせ戦い抜く人のようです。

少し不器用なところもあるのかも。

一方では、少しばかりの「ファミリイコン(マザコン・ファザコンを基にした管理人の造語です)」とも言えるほどにご家族(親兄姉)を大切にしています。 と言いますか常に心の中にある存在のようです。

女性には滅法弱い心優しき人物のよう。

 

心優しきファイター、清水宏保理事。



 清水宏保.1jpg

 先日のフィン杯の表彰式を思い出します^^