エテリ2


ダイヤモンドクロス  タロット(フルデッキ)+ルノルマン+ジプシー
エテリコーチと昌磨君の関係性につきましては、これまでにも色々なスプレッドで占って参りましたが、今週末から昌磨君の今期初戦であるJOやCaOIが始まります。 これから先の様子も気になりますので、又占ってしまいました。
(以前の占い結果とは大きな違いは見られませんm(_ _)m )
今回から新しく採用しました「ジプシー占い」も加えております。    

e0402467_13572111.jpg

二人の現状     【棒 騎士】 【本・手紙】 enemy

エテリの内心    【恋人 逆】 【山・月】 desire

昌磨の内心     【死神 逆】 【ハート・キツネ 】money

エテリの行動    【戦車 逆】 【太陽・家】 visit

昌磨の行動     【棒3 逆】 【星・船】 fortune

エテリの周囲と影響 【棒9 逆】 【鎌・コウノトリ 】malady

昌磨の周囲と影響  【女帝】   【樹木・子供】 falseness

エテリの変化    【教皇 逆】 【クロス・庭園 】ecclesiastic

昌磨の変化     【金貨騎士】 【塔・魚】 letter

結論        【剣3 逆】 【紳士・道】 jealousy    

★二人の現状     

【棒 騎士】のキーワードは「出発」、新たなスタートに向けて心躍らせている状態です。 
挑戦への意欲が体にみなぎり、前向きに動き出せることを暗示しています。

【本・手紙】は、秘密のメッセージ、契約書 等。 

ジプシー【enemy(敵)】は、街角で物陰からこちらを伺う紳士風の男がいます。

○タロット・ルノルマンからは、移籍に向けて動き出そうとしていると読めますが、ジプシーのカードが、それを邪魔しようとしているようです。 敵の存在があるのでしょうか。  

★エテリコーチの内心    

【恋人】のキーワードは「心地よさ」。 逆位置ですので、何をやっても報われず空しい時期。 
駄目だと分かっていても手を伸ばしたい。 

【山・月】は、孤独・ロマンがない 等 

ジプシー【desire(欲望)】は、派手なドレスを纏った女性がカーテンを開けて外を見ています。 
誰かを待っているのでしょうか?  

私には、この女性がエテリコーチに見えちゃうのですけれど...

○エテリコーチから見た昌磨君との関係を占うと、エテリコーチの気持ちに、以前にも今回と同じく【恋人 逆】が出ました。 

思いますに、このカードから読み取れるエテリコーチの想いとしては、昌磨君に来てほしいと願って、その時を待っておられるのかな?  

これまでに何度か占ったエテリコーチと昌磨君の関係性でも同じような傾向のカードが出ています。

★昌磨君の内心     

【死神】のキーワードは「さだめ」。 逆位置ですので、起死回生を狙っている。 決心出来ない事情がある。

【ハート・キツネ】は、熱のこもった仕事・不正直な関係・感情的な不誠実

ジプシー【money(お金)】は、潤沢なお金や豪華な宝飾品が溢れています。

○タロットからは、起死回生を狙うも、一歩前に踏み出す決心がつかない何かがあるようですが、それが何なのか?  ルノルマンとジプシーにその答えが隠されていると思われますが何でしょう。 

【ハート・キツネ】+【money=enemy(敵・移籍を邪魔したい者)】、つまり、こちらにとって不誠実な相手で、資金なども握っている...でしょうか。

★エテリコーチの行動    

【戦車】のキーワードは「エネルギー」。 逆位置ですので、コントロール不能、後先考えずに見切り発車している状態です。 進路を選択すべき状況のようです。 

【太陽・家】は、自宅での成功・完璧な家・病気の回復・結婚相手の訪れ 等。  

ジプシー【visit(訪問)】は、少女が花束を持って貴婦人を訪問しています。

○タロット・ルノルマンを合わせて読んだ時。

昌磨君がサンボ70に残らなかった理由として「サンボ側の提示した条件に昌磨君側に飲めない事項があったから」との報道がありました。 その内容が真実なのかは知る由もありませんが、仮にそうであるならば、エテリコーチとしては、その事項を解決しサンボに来てほしいと思っていると考えられなくもありません。 合宿当初のロシア側の昌磨待望攻勢は凄いものがありました。 彼をロシア男子のロールモデルとして迎えたいと考えていたとの情報もありましたし、エテリコーチとしては早く決めたいと考えていてもおかしくはないと思います。 (これ占いの度ごとに言っています、私^^;

これは余談ですが。 以前占った昌磨君に対するエテリコーチの結論が、【恋人 逆】【淑女・子供】でした。 【淑女・子供】は、若く見える女性・未熟な女性 等です。 今回のジプシーにある花束を持った少女が、何となくですがエテリコーチに見えなくもない? エテリコーチの気持ちを表しているとか? どうでしょう、無理がありますか?^^; 

★昌磨君の行動     

【棒3】のキーワードは「模索」。 逆位置ですので、心と体の準備は整っているのに、あと一押しがないため行動に移せません。 待ち望んでいた知らせが届かない暗示でもあります。 

【星・船】は、有望な旅・新たな旅 等。   

ジプシー【fortune (幸運)】は、美しいドレスを纏った若い女性が器の中から色とりどりの花や金貨を降り注いでいます。

○「行動」と「内心」がリンクしていると思います。 【棒3 逆】のカードですが、最近昌磨君を占うと必ずと言っていいほど出るカードなのです。  彼の今の状況を表しているのでしょう。

「幸運を掴むための全ての準備は整っているのに、あと一押しがないため行動に移せない」。

「あと一押しがない、一押し出来ない」とは?  「二人の現状」のジプシー【enemy(敵)】の

存在でしょうか。 「敵」って何だろう。 実在の人物・組織、それとも昌磨君自身の心の内?

★エテリコーチの周囲と影響 

【棒9】のキーワードは「備える」。 逆位置ですので、物事を楽観視しすぎているのでしょう、唐突な局面に対応出来ず混乱をきたす暗示です。 

【鎌・コウノトリ】は、開始・変更・急転・喜びが途絶える・足止め 等。

ジプシー【malady(病気)】は、病気の女性がベッドに横たわっています。

○3つのカードから読めることは、昌磨君の移籍について、もっとスムーズに進むと考えていたが、思いのほか困難であったようです。 この状況に苛立ちや不安を抱えているのでしょう。 (この事柄も以前の占いにありました)

★昌磨君の周囲と影響  

【女帝】のキーワードは「愛」。    

【樹木・子供】は、健康で新しいスタート・豊かさ・病気の子供 等

ジプシー【falseness(虚偽・不誠実・気まぐれ)】は、猫がヘビと戦っている?じゃれ合っている? そのような絵柄です。  この絵柄と「虚偽・不誠実」が結びつかないのですが。  「気まぐれ」が意味としては合っているのかな。

○昌磨君の新しいスタートに向けて、彼をサポートする人々の存在があります。

ジプシーを絵柄から読み解くと、彼をサポートする人たちと邪魔をする人たちとの関係を表しているのかしら。 水面下での攻防とか、どうでしょう?
ここから追記記載です。 この絵柄、猫が俊敏な正義派、蛇は陰湿でずるい、あちら派とみても良いかと思います。

★エテリコーチの変化    

【教皇】のキーワードは「モラル」。 逆位置ですので、相手に対して不信感を抱き「こんなはずでは」と不本意に思います。 

【クロス・庭園】は、運命の会議・祈り・サポートネットワーク・治療 等。  

ジプシー【ecclesiastic(聖職者)】は、聖職者が厳かに祈りを捧げています。

○不信感を抱いていた事柄に対して、心穏やかに良き方向へと導けるような姿勢(行動)を見せます。

移籍実現の障害になっていた事柄に付いての話し合いでしょうか。 それとも他の何かでしょうか。

★昌磨君の変化     

【金貨 騎士】のキーワードは「現実性」。 今取り組んでいることが最後までやり遂げることが出来そうです。 忍耐力と責任感が必要であると意味することも。 

【塔・魚】は、銀行・取引センター・貯蓄 等。    

ジプシー【letter(手紙)】は、手紙を咥えた白い鳩の絵柄の周りに透き通るような青空と美しい花が描かれています。

○自分の目標を達成するための道のりは厳しいけれど、素敵な便りが届くことを信じて前を向いて進もうとしている。 

(この姿勢も以前の占いから一貫して同じです。)

★結論        

【剣3】のキーワードは「痛み」。 逆位置ですので、ショックな出来事に混乱している状況です。 

【紳士・道】 は、コミットされていない男  

ジプシー【jealousy(嫉妬)】は、仲むつまじく寄り添う男女を物陰から厳しい眼差しで見つめる男性がいます。

○嫉妬心から、邪魔をしたい何かの存在があるのでしょうか。  「二人の現状」にも【敵】の存在がありました。 その事が、心に重く圧し掛かってくるのかな。
ですが、先日占いました「イシュタルの船」の最終予想は【杯 2】でしたので、困難を乗り越えて良き事を迎える日が必ずやって来ます。

●今回から「ジプシーカード」を新しく採用しています。

特長としては、ズバリ核心を突く答えが出るそうです。 それ故今回の読み解きにつきましては、ジプシーの影響は大きかったと思います。

☆昌磨君の移籍が発表されてから、色々な形で彼を占っています。

その時々で出るカードは違いますが、傾向として言えることは、彼の移籍はスムーズには進まないようです。 これ毎回そうなのですが、昌磨君はその現実の全てを受け入れながらも前を向いて歩んで行こうとしています。 

一方のエテリコーチは、以前は現状に苛立ちを隠せなかったようですが、今回の占いで「変化」の兆しが見え始めました「【クロス・庭園】=運命の会議・治療」、良き方向に向かえるような行動を取ろうとしている。 

以前占ったエテリコーチの「取るべき行動」が「【皇帝】=リーダーシップを発揮しコミュニティーの安定と結束を図り信頼を得ること」でした。 期待しましょう。

記載内容の繰り返しになりますが、エテリコーチと昌磨君を占った時、その都度カードが教えてくれる事柄は、新たな目標に向って準備は整っているけれど、最後の一歩が踏み出せない。 その原因をカードの答えに求めると、彼の移籍を阻む「何か」が存在するようです。

それが、移籍を邪魔したい何者(組織)かなのか、彼を巡る争奪戦なのか、それとも彼自身の心の内なのか。

10日前に占いました「イシュタルの船」。 今回の結果とリンクするカードが何枚か見受けられます。

イシュタルの「未来への鍵」は【棒3 逆】でしたが、今回の「昌磨君の行動」も同じカードでした。
今の昌磨君の状況は、この一点に尽きるのかしら。 

同じくイシュタルの「昌磨君の願望」では、「手放したいぐらいの何かを抱えている状況、言ってしまいたい、と感じている」とあったのですが、それならば、早く肩の荷を下ろさせてあげたいです。 一日も早く移籍先が決まることが一番なのですから。

昌磨君が目標とする場所に辿り着く日まで、不安に思わず彼を信じて背中を押してあげることなのかなと思っています。 彼もそれを望んでいるようですしね。

自分の努力だけではどうにもならないこともあると思いますが、彼を大切に想いサポートをして下さる方々がおられます。

一人じゃないよ、がんばれ、昌磨!  君はマゼンタのオーラに包まれているから。