☆ カードの写真は撮っておりませんm(_ _)m ☆

ピラミッド  

ルノルマン(フルデッキ)+ルノルマン




織田信成氏   

織田V字

 

 

現状1        【金貨 従者】 【道・雲】 

現状2        【棒 騎士 逆】 【山・騎士】

現状3        【星】     【鞭・月】  

解決の鍵1      【金貨3 逆】 【船・樹木】 

解決の鍵2      【棒6 逆】  【魚・ユリ】 

最終予想       【金貨5 逆】 【ネズミ・星】 

 

☆逆位置のカードがとても多いです。 今はとても厳しい状況なのでしょう。

 

●現状1(最近の状況・出来事・現状)   

【金貨 従者】のキーワードは「真摯」。 意味は「時間を掛けて積み重ねる」。 

○「学びが未来を明るくします。研究熱心で勤勉です。焦る事無く様々なスキルをものにすることで、将来的に大きく花開く可能性があります。」となっており、 これは、織田氏自身のことと読めます。 また、別の視点から読んだ場合、織田氏がアイススケート部所属選手の学業成績向上を目指し、練習時間を授業に影響のない夜に移そうと提案されたことなども考えられ、その事が濱田コーチからの嫌がらせの一番の要因と思われます。

【道・雲】は、不確実な意思決定・明確なオプション・優柔不断・慎重に踏む。 

 

○選手達の学業向上のための提案をしました【金貨 従者】が、その指針や目標が、順調に進まない事態が起きたようです【道・雲】。

 

 

●現状2(現在の状況) 

【棒 騎士】のキーワードは「出発」。 意味は「新たな挑戦への意欲が湧き、新天地に向って旅立つ」

【山・騎士】は、ニュースは遅れる・誰かが最終的に到着・封鎖の知らせ・危険を察知。 

 

○カードは【棒 騎士 逆】ですので、「望まぬ変化に戸惑いを覚える時です。 元々の居場所を守りたいという思いから、攻撃態勢に入ることもあるでしょう」。 これは「学生達の環境を正したい」という思いから発生した事柄に対し、理解を示さない濱田コーチから受けたハラスメントに対する提訴のことだと思われます。 

表には出ていませんが、彼の思いの根底には、自身が受けたハラスメントに対する提訴と言う手段で、フギュアスケート界全体のあり方を見直したいという思いもあるのでは?と考えています。 もしそうであったとしても、その目標を遂げるには、まだまだ前途多難な状況のようです。

 

 

現状3(どのように変化したか、これからどのようになっていくか)  

【星】のキーワードは「希望」。 意味は「明るい未来に繋がる」。     

【鞭・月】は、ピエロ・執着・厄介な問題・気まぐれな芸術家

○誰かに引き上げられ、思いがけないラッキーな展開が相次ぎ問題解決の糸口が見つかります【星】。 織田氏の後押しになるような発言をしてくださる方の出現とか? 協力者が現れるのでしょうか?  モラハラの立証には、第三者の証言は不可欠とのことです。 

ルノルマンは、織田氏が抱えている問題のことかな。 

「ピエロ」が気になりますね。 マスコミの扱い方等、彼が今置かれている状況が脳裏をかすめます。 マスコミの扱い方が酷いですね。 

 

 

解決の鍵1(置かれている立場)      

【金貨3】のキーワードは「技術力」。 意味は「培ってきたスキルや努力を表し、それを

どのように評価されるのかなど、チャンス到来を表します」

【船・樹木】は、長い旅・精神的な旅

○カードは【金貨3 逆】ですので、実力はあるのに、なかなか周囲に評価されません。 もしくは、まだ実力がともなっていないのかもしれません。 

ルノルマンは、織田氏の現状を表しているようです。 タロットとも合わせても、今は周囲からのバッシングもあるようで、精神的にも気持ちが重いでしょう、決して光が射しているとはいえません。 マスコミ報道でも、織田氏の提訴については、そこに至った経緯が理解されていないなとの印象を受けます。  もしくは、織田氏にとってマイナスイメージになるような情報を流し、「訴えは、そもそも無理なのでは? 訴えを起こすほどの事柄ではないのでは?」という考え方を世間に広げたいのかしら? 「現状3」のルノルマンに通じます。

今のところ、「世論を味方に」という構図にはならなさそうですね。

今後の動向に、もっと知恵が必要なのでは?  

 

 

解決の鍵2(解決方法〔直面している問題・障害〕)      

【棒6】のキーワードは「賞賛」。 意味は「大勢から賞賛を浴び、栄光を手にし、幸福感を得ることを表します」  

【魚・ユリ】は、確立されたビジネス・家業。 これは、関大フィギュアスケート部監督のことかな。

カードは【棒6 逆】ですので、理不尽な結果に不満を抱いています。「もっとやれたはずなのに」と、ひそかな不満が渦巻いているようです。

○学生達の環境改善のためと思った提案が原因で濱田コーチからモラハラを受け、心身に不調を来たし、その結果監督の辞任という道を選ばざるを得なかったことに対する不満を抱いています。 

 

 

最終予想(表示されているカーカードを集約した上での結果)      

【金貨5】のキーワードは「困難」。 意味は「状況の悪化から訪れる試練」。

【ネズミ・星】は、目的を達成するための圧力・名声、尊厳の損失の恐れ

カードは【金貨5 逆】ですので、ルノルマンに見られるような状況の「目的を達成するための圧力・名声、尊厳の損失の恐れ。」のような、これまでの悪化した状況が次第に改善して行くと読めます。 提訴という行動に対して、今は世間の風当たりが激しいようですが、「現状3」にあるように、誰か後ろ盾になって下さる方の出現があるかも知れません。

 

 

 

濱田美栄コーチ    

☆こちらは、逆位置が一つですね。 しかしながら「正位置」でもあっても、良いとはいえないカードがあったりして、その辺りが、濱田コーチらしいといえば、そうなのかな?~~;

 

現状1    【杯 5】  【紳士・太陽】  

現状2    【杯 8】  【鳥・月】    

現状3    【杯7 逆】 【クローバー・手紙】

解決の鍵1  【棒 2】  【熊・樹木】   

解決の鍵2  【金貨8 逆】 【星・棺】     

最終予想   【剣 7】  【道・ヘビ】   

 

 

現状1(最近の状況・出来事・現状)

【杯 5】のキーワードは「喪失」。 意味は、「失った悲しみで後悔に暮れる」。

失ったものを考え、大きな喪失感に苛まれている状態です。悲嘆に明け暮れ、うまく現実を見られていないことを暗示します。  

【紳士・太陽】は、リーダー・成功者・活動的…。  これは、濱田コーチのことですね。

 

○織田氏からの提訴を受け、内心穏やかではない状況のようです。 マスコミは、濱田コーチ擁護の状況に見えますが、内情を知る人々の間では、「クラッシャー」との異名を持つ濱田コーチへの逆風が吹き荒れ始めているようです。 現に当コーチの度重なる暴言に晒され、選手生命を絶たれたとも言える元女子選手の存在は、皆さんが知るところです。  

 

 

現状2(現在の状況)  

【杯 8】のキーワードは「変転」。 意味は、「終わりを悟り次に旅立つ」。

ひとつの出来事が終わりを迎えたことに気付き旅立つ暗示です。 また、諦めて潔く撤退することの大切さも表します。  

【鳥・月】は、思い出や過去の状況から閃きがある…。

○今は移り変わるタイミングのようです。 ピークを過ぎた状況でもあり、なにが正解か探すときでもるようです【杯 8】。 

☆提訴を受け、それについての心境を語る等の態度は示していません。今は大会に専念したいというような言葉もあったようですが、それらも含め、今後の進むべき方向性や、事態の対応に付いて方策を考えていると読めます。

 

 

現状3(どのように変化したか、これからどのようになっていくか)  

【杯7】のキーワードは「夢」。 意味は、「夢に迷い本来の望みを見失う」。

カードは逆位置ですので、目標を定め、それに向けて行動すべきか指針が立っている状態です。夢を夢で終らせない行動力も備わっています。 

【クローバー・手紙】は、知人からの嬉しい知らせ…。

○出たカードを読む限り、今後の展開を有利に運べるような何か良い知らせが周辺から届くようです。 この辺り、現状2と通じており、仲間内?で知恵を出し合い方策を練っているようですが…。

 

 

解決の鍵1(置かれている立場)

【棒 2】のキーワードは「到達」。 意味は、「さらに高いステップを目指す」。

自分の功績や成長に手ごたえを覚えています。その自信を足がかりに「さらに上を目指したい」という野心が芽生えています。

【熊・樹木】は、医者・博士…。 これは、コーチとしての自らの手腕についての自信とみます。

○数多くの有名選手を育ててきたという自負もあり、その実績を足がかりにもっと上を目指したいという自信に満ち溢れているようです。

言動を見る限り、表向きにはご本人は罪悪感がないように見えますが…。

 

 

解決の鍵2(解決方法〔直面している問題・障害〕) 

【金貨8】のキーワードは、「修業」。 意味は、「忍耐と努力で得られるもの」。

カードは逆位置ですので、「目の前のことに集中できません。様々な邪魔が入り、注意力散漫なっている状況です。 また、ばれなければ良いと考え表面だけ取り繕っているようです。 

【星・棺】は、目標を見失う…。

○自分の立場を守るため、表向きには、自分の力を誇示しつつ色々と取り繕いながら策を巡らしているようですが、中々上手く進んでいないのかも知れませんね。     

 

 

最終予想 (表示されているカードを集約した上での結果)

【剣 7】のキーワードは「裏切り」。 意味は、「隠れて悪巧みをする」。

誰にもわからないように、蔭で悪巧みをしています。責任逃れして保身に走っている場合も、危ない橋を渡っているカードです。  

【道・ヘビ】は、誤った道…。

○最終予想が、このカードとは…余りにリアルすぎて言葉を失います。 

読み解きも何も、「濱田コーチ、最悪、真っ黒ですやん。かなんわぁ~~;」。

結局、自らの保身の為には、汚いまねも厭わないようです。

良いのかなぁ…そういうのって。

 

織田氏の身を挺した訴えが、今後のアイススケ-ト界の闇を正す一矢になってくれればと願っています。